ガッキーの昔と現在の歯並び。インプラント・セラミック治療

ガッキーの昔と現在の歯並び。インプラント・セラミック治療

ガッキーの昔と現在の歯並び。インプラント・セラミック治療

可愛すぎる女優ガッキーこと新垣結衣ですが、今回は彼女の歯並びに注目したいと思います。

以前は笑うと歯茎がよく見える、通称ガミースマイルと呼ばれる歯並びでしたが、最近は歯並びがとても綺麗になりました。

まずは昔の画像から見ていきたいと思います。

6歳の頃はガタガタ?

まずは、爆!爆!爆笑問題という番組で流れていたガッキー6歳の頃の歯並びです。

 

6歳

 

全体的に口の中が暗く、歯の色も黒く見えます。

推測ですがおそらく乳歯が抜けたり歯が生え変わっている時期、またしゃくれが強いため、口の中を光が通さないこともあってここまでガタガタ?に見えるのではないかと思われます。

 

なぜこの写真を選びテレビで流すことにしたかはわかりませんが、幼少期の写真はこれが一番映りが良かったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

それからは笑うと歯茎が露出するガミースマイル

そしてそれからのガッキーの歯並びを見ると、歯茎が見えるガミースマイルとなります。

 

【17歳】

17歳

 

といっても本気で笑わない限り歯茎は派手に見えるわけでもなく、歯自体は比較的白くて綺麗です。

もっと画質の良い映像で見たこともありますが、当時の歯は色合い的にも自前のものであると考えられます。

 

【22歳】

 

上記は22歳のときのガッキーの映像ですが、やはり大きく笑ったときに見える歯茎は気になります。

スポンサーリンク

リーガルハイあたりから?歯茎の幅が狭まり透明感のある前歯になった

そしてリーガルハイあたりから、歯茎の幅が狭くなり、歯の色も透明感のある白い歯になりました。(24歳~)

笑うとき、あまり口元を隠すことも少なくなったように感じます。

 

【26分00秒~】

 

リーガルハイに加え、28歳以降。

特に、KOSE 雪肌精のCMでは、歯並びの綺麗さが逆に目立つようにもなります。

 

28歳

 

先程掲載した動画、22歳の頃の歯並びと比較してみます。

 

バランス比較

 

  • 歯の色・透明感
  • 歯茎の露出度
  • 細かな歯の形

が明らかに違うように感じます。

 

歯が美しい白い色になり透明感アップはもちろん、また最近は以前より歯茎も露出されなくなりました。

特にパッと見て違いを感じるのは前歯四本の大きさのバランスです。

右前歯二番目の歯が大きくなり、バランスを整えたように思われます。

歯のセラミック治療をすると、どこから見ても完璧な見栄えにすることができます。

スポンサーリンク

歯肉形成&セラミックか、インプラント&セラミック

このことからガッキーの歯並びは、歯茎の露出を抑えるために歯肉形成、またはインプラント治療をして歯茎の幅を狭め、セラミックの差し歯を被せていることが予想されます。(おそらく後者)

前歯のバランス、色合いにも変化が出たことは明らかですので、審美歯科で治療を行ったことは間違いないでしょう。

 

どことなく後藤真希と似ている歯並びな気もしますね。

後藤真希の歯並び検証。インプラントとセラミック治療により歯茎の幅を狭めた。

2018.03.23



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)