濱田龍臣の現在。かわいい子役から実力派イケメン俳優に成長!

濱田龍臣の現在。かわいい子役から実力派イケメン俳優に成長!

濱田龍臣の現在。かわいい子役から実力派イケメン俳優に成長!

 

先日新宿ピカデリーにて、『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』の舞台挨拶が行われました。

 

そこで主人公、朝倉リク役の濱田龍臣(はまだ たつおみ)が登場しました。

濱田龍臣といったらドラマ怪物くんに出演していた当初の、小さくて女の子のようなかわいいイメージしかありませんでした。(古い)

 

子役時代

 

その濱田龍臣君が今では見事なイケメンに成長しておりました。

 

順当に成長

 

子役時代からすさまじいルックスをしていたので将来有望と思っていましたが、その予想通りかっこ良い俳優になってくれましたね。

どことなく福士蒼汰のような雰囲気を感じます。

スポンサーリンク

子役時代から今まで常に大活躍中!

そして濱田龍臣君は、2000年8月27日生まれの17歳です。

高校に通っている場合、今現在は高校2年生です。

若いですねえ・・・。来月からは高校3年生になる年齢です。

 

 

そんな濱田君、私が疎くて知らなかっただけなのですが、子役時代から今まで数々のドラマや映画に参加しています。

子役時代から注目され、それからずっとコンスタントに様々な作品に出演しているのです。

これは実力がなければ決してできないことで、本当にすごいことだと思います。

【Wikipedia】濱田龍臣

 

 

そして現在、映画ウルトラマンジードで主演を任せられました。

最初に載せた動画はその舞台挨拶です。

 

迫力と貫禄

 

舞台あいさつではややおちゃらけた様子を見せますが、演技のシーンとなると一気にモードが切り替わり、演技に徹する濱田君がカッコ良いです!

大きな声と迫力もあって、演技のうまさに加え貫禄がありますね。

 

ウルトラマンジードの他にも、モブサイコ(ワンパンマンの作者が書いている漫画)の実写化ドラマにも出演し主人公役を演じています。

私がただ久しぶりに濱田龍臣君を見ただけなのでありますが、子役時代から今現在まで、濱田君は常に様々な作品で大活躍をしていました。

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

ということで現在、濱田君はかわいい子役の頃から順当に成長し、迫力のあるイケメン俳優へと変貌を遂げていました。

コンスタントに常に何かしらの作品に出ていることから、現在は相当な実力派俳優であることも間違いないでしょう。

 

さらにはウルトラマンジードの舞台挨拶にて共演者の手紙に感動し、涙を流すシーンも見受けられました。

 

溢れ出る涙

 

実力派俳優であるからにはこれも演技である可能性は否めないのですが、その後の発言は決して頭の中が邪悪な人ができる発言ではありません。

つまり、濱田君は相当心が清らかな青年であると推測されます。

 

よって今後も真っすぐに演技や芸能活動に打ち込み、俳優としてより良い作品を生み出してくれることでしょう。

変な誘惑に負けることがなければ、第二の大ブレイクは必然となりそうです。