ロシアワールドカップで香川真司が覚醒した理由。2014年は初戦の前半で足がつっていた。

ロシアワールドカップで香川真司が覚醒した理由。2014年は初戦の前半で足がつっていた。

ロシアワールドカップで香川真司が覚醒した理由。2014年は初戦の前半で足がつっていた。

ロシアワールドカップ、先日の対コロンビア戦で大活躍をした香川真司選手ですが、4年前のブラジルでのワールドカップではほとんど活躍ができませんでした。

ですがそのときの経験が生きて、現在はワールドカップで日本代表として活躍ができているようです。

コロンビアに劇的勝利!でも日本代表に本田圭佑は必要?不要?ワールドカップ

2018.06.20

初戦のコートジボワール戦では前半で足がつっていた。

というのも、2014年のブラジルワールドカップは香川にとって初めてのワールドカップでした。

2010年の南アフリカ開催時にはサポートメンバー。

 

やっとの思いでつかみとった日本代表のユニフォーム。

そして子供の頃から憧れていたであろうワールドカップです。

 

そんな2014年のワールドカップで香川は、なんと初戦のコートジボワール戦の前半終了時点で足がつっていたとのことです。

【外部リンク】W杯コロンビア戦 香川真司が明かした“予想外のPK”の舞台裏

 

 

このときの香川選手は、いつもと比べて明らかに動きが悪かった印象があります。

 

初めてのワールドカップによる興奮や緊張、周りからの期待。

その他移動や気候、食事の影響等があったことでしょう。

 

本来は香川への指導経験がある都並氏が驚くほどの無尽蔵のスタミナを持っているはずの香川。

ですが初めてのワールドカップでは前半で足がガタガタだったとのことなので、体調、コンディションが相当悪かったように思われます。

 

香川選手の不調と共に初戦を落とした日本は、最終的にグループリーグ最下位という残念な結果に終わりました。

スポンサーリンク

この経験が今に生きている!

このような悔しい経験をした香川は、この後食生活やトレーニングを全て見直したようです。

W杯という初めての夢の舞台で、わずか45分で脚は使い物にならなくなった。その反省から、その後は食生活も、セルフトレーニングもすべてを見直したのだという。

「4年前の初戦のことは忘れはしないですし、4年間ずっと頭にあった。やっぱり今日はみんなと一緒に勝ち切れたことは本当に良かったです。ただ、1勝だけで終わりじゃないので。まずはグループリーグを突破すること。そのために本当に良いスタートが切れた。4年前のあの経験を生かせたのかなと思います」

【外部リンク】W杯コロンビア戦 香川真司が明かした“予想外のPK”の舞台裏

「やっぱり、あの4年前があったから、あそこがあったからやっぱりこのロシアがあると、あそこでの経験すべて、自分にとってプラスでしかなかったんで。それを得て、この4年間、人それぞれ、いろんなプロセスを得て、ここにいるわけなんで。みんなはそこに自信を持っていると思うし、誇りを持っていると思うので。いい準備ができたなと、それは感じています」

【外部リンク】前回大会を回想する香川真司。「あの4年前があったから、このロシアがある」【ロシアW杯】

 

大会前は、「この4年間は皆が厳しい環境に身を置いて頑張ってきた」と語っていました。

そしてその言葉通り、香川選手がトップ下で先発して相手DF退場&PKによる得点という活躍で、強豪コロンビアを破るという偉業を成し遂げます。

 

試合後には長友と共に「4年前はこうだった、ああだった」と振り返る余裕もあるようなので、体のコンディションと共に精神面でも大きく成長しているであろうことがうかがえます。

スポンサーリンク

経験と継続した努力により覚醒!

というわけで4年前の経験から、食事やトレーニングと全て見直し、厳しい環境に身を置いて己を磨いてきたことで今の香川選手の覚醒があることと思います。

現在もロシアにいながら、摂取する食事には相当気を使っているのではないでしょうか。

クリスティアーノロナウドの食事画像まとめ。お酒も煙草もやらないストイックな性格

2018.06.22

 

私はワールドカップは良くも悪くも香川選手の出来次第だと思っています。

 

精神面でも4年前と比べて確実に余裕があると思われますので、今後の2試合、そしてグループリーグ突破も期待できるはずです。

今まで代表ではいまいち決定的な仕事ができなかった香川選手ですが、4年前の経験と継続した努力を行ってきた今の香川選手は、本日(明日0時)のセネガル戦もきっとやってくれることでしょう!

【動画】香川真司が長渕剛のモノマネを投稿し速攻削除!悪意はないと思われる。

2018.04.14