大谷翔平の食生活がヤバすぎる!一日7食は当たり前!

大谷翔平の食生活がヤバすぎる!一日7食は当たり前!

大谷翔平の食生活がヤバすぎる!一日7食は当たり前!

今季大リーグのエンゼルスに移籍し、早くも投打において大活躍中の大谷翔平選手。

大谷選手は、シーズンオフ時には1日に7回の食事を摂ったりと、食生活にとことん気を使っているそうです。

大活躍している彼の食生活が気になったので、大谷選手の食事や食生活についてまとめてみました。

スポンサーリンク

1日13杯のごはん!高校で20kgの増量に成功!

まず大谷選手の昔の食生活から紹介します。

 

大谷選手は高校入学時、身長186cmで体重は65kgだったようです。

高校一年生の時点で186cmという身長の大きさに驚きますが、その身長で65kgは痩せすぎですね。

 

ですが花巻東高校に入学し、1日に13杯の丼ぶりご飯を毎日食べることで、193cm、86kgの体に成長しました。

 

3年間で体重は20kg増量。

【1日13杯のごはん】と文字にすると簡単に見えますが、スポーツをしない一般人には到底考えられない食事量です。

 

高校生の頃から、このように食生活における努力を行っていたということです。

スポンサーリンク

ダルビッシュの助言のもと食事改善!

そして2016年前のオフに、メジャーリーガーであるダルビッシュ選手とオフを過ごし、ダルビッシュからの助言もあって一日の食事回数を6,7回に増やします。

大好きなお菓子や甘いものを封印するようになったうえで、体重を100キロまで増やします。

 

 

「身体を大きくするには、食事を摂らなきゃいけない。一日6食とか7食、その間にプロテインとかも一日5、6回摂って常に吐きそうな状態で毎日過ごしてました」

引用:【Sports Watch】ダルビッシュが明かす最終目標とは?

 

大谷選手は2016年のオフ時に体重を7、8キロ増やしました。

ダルビッシュのようにトレーニングをしながら、一日に6,7回の食事、そして間食にはプロテインを摂取していたようです。

吐きそうになりながら大量の食事をしていたことももちろん考えられます。

 

ただし、大谷選手は花巻東に在籍していた高校生時代から、13杯のご飯を毎日食べていることもあり、胃袋は大きいようです。

先輩で大食漢として知られている中田翔を凌ぐほどの胃袋で、焼肉屋では10人前を軽く平らげるとのことです。

【外部リンク】「大谷翔平」16人決起会で店の「焼き肉」食い尽くした

 

 

少し話は反れますが、私の周りに高校野球(強豪校)経験者がいます。

「学校での授業の合間にもおにぎりを食べなければならなかった」

「無理矢理にでもご飯を食べなければいけないことが、練習よりも何よりも一番辛かった」

と以前彼は語っていました。

 

食べて体を大きくしたくても、吐いてしまい食べられない部員もいたそうです。

大谷選手は、たくさん食べて体を大きくするための「食べる才能」もあるのでしょう。

スポンサーリンク

食事でおいしい物を食べたいという感覚はない!

そして減量期を経て、シーズンが始まるころにはついた脂肪を落とし、オフを利用して筋肉量を増やしながら毎年進化した姿でシーズンに臨んでいるようです。

 

減量期には、「炭水化物を食べて(トレーニングが)ムダになるくらいなら、食べたくない」とまで発言しているので、食生活にとことん気を使っている様子が見てとれます。

おいしい物を食べたいという感覚はないようで、現在は全て野球のためだけに食事を摂取しているようです。

【外部リンク】「増量期」と「減量期」、日本ハム大谷は食も二刀流/俺の食卓

 

クレープを食べていた昔の大谷選手が懐かしいですね。

 

クレープ

 

ちなみに現在の体重が正式にはわからないのですが、Wikipediaや海外サイトでは92kgとなっています。

もしこれが本当なのであれば、相当減量をしたことと思われます。

 

大リーグに移籍したものの、シーズン前は減量期であったこともあり、オープン戦では不調だった可能性もありますね。

それがシーズンに合わせたため、シーズンが始まって絶好調(普段通り)の軽やかな大谷選手が見られているのかもしれません。

スポンサーリンク

このようにして見えない努力、技術以外の努力も続けている

このように野球の技術だけではなく、体作りの面から、食生活においても相当意識を高く持ち、日々を過ごしていることがわかります。

 

  • オフ時には1日7食、間食はプロテイン
  • トレーニングが無駄になる食事はしない
  • おいしい物を食べたいという感覚はない

 

野球の練習に関しても、これ以上に努力していることは明らかでしょう。

超天才が超絶な努力をしたことによる結果が、大リーグで二刀流として活躍する大谷選手なのでしょうね。