山本KID徳郁とダルビッシュ有の関係が素敵過ぎる・・・。

山本KID徳郁とダルビッシュ有の関係が素敵過ぎる・・・。

山本KID徳郁とダルビッシュ有の関係が素敵過ぎる・・・。

2017年9月18日、癌により亡くなった山本KID徳郁。

山本KIDの妹である聖子の夫として、義弟にあたるダルビッシュ有が昨日ブログを更新しましたが、とても素敵な文章だったので紹介します。

 

 

【愛してるよ】

「お久しぶりです。聖子と仲良くしてもらってる事聞きました。あの子真面目なんで。手出すの辞めてもらっていいかな?
ごめんね。俺の家族なんで。」

この前に簡単な挨拶はしたことありましたが、あの神の子KID、山本徳郁とのファーストコンタクトがこれである。

2014年10月ぐらいかな。

自分も引き下がってはあかんと、
「お疲れ様です!
聖子さんとは仲良くさせて貰っています。
自分としては今、凄く大事な人という位置づけであり、真面目に考えてます。」

と返したら一気に打ち解けて、すぐに仲良くなりました。

 

(略)

 

6月の終わりにKIDさんとメッセージをやりとりした時にKIDさんに言われた言葉を一生忘れません。

「普段あんま恥ずかしくて話せないけど。
マジで大好きだよ。心から愛してるよ。」

優しく、愛が深いけど、すごくシャイなKIDさんが心から言ってくれたことが本当に嬉しくて、でも凄く恥ずかしくて5分ぐらい動揺してしまいました笑

最後になり重ね重ねになりますが、ゆいちゃん、お父さん、れいこさん、美憂さん、聖子、メルカさん家族、皆様本当に最高のサポートだったと思います。

お疲れ様でした。

そしてKIDさん、本当にありがとうございました!
また会いましょう!

愛してます^_^

 

【引用】ダルビッシュ有オフィシャルブログ:愛してるよ

スポンサーリンク

男性同士相思相愛は珍しいと感じた

その昔、紗栄子との離婚後、女性との関係が何度も週刊誌に取り上げられたダルビッシュ。

 

「お久しぶりです。聖子と仲良くしてもらってる事聞きました。あの子真面目なんで。手出すの辞めてもらっていいかな?ごめんね。俺の家族なんで。」

 

そんなダルビッシュに対し、ファーストコンタクトで妹を想って兄貴として釘を刺すKIDがまず素敵過ぎますね。

格闘家として自分に怖いイメージがあることはKID自身も承知のことでしょうから、そこで引き下がらず、

 

「お疲れ様です!聖子さんとは仲良くさせて貰っています。自分としては今、凄く大事な人という位置づけであり、真面目に考えてます。」

 

とダルビッシュが言ったことで、KIDは本気と悟ったのか一気に二人は距離を詰め、KIDとダルビッシュも相思相愛となったようです。

 

 

そしてKIDはダルビッシュに対し、照れながらも「心から愛している」と伝え、ダルビッシュも昨日のブログで愛していると公言しました。

きっかけは妹の聖子さんですが、男性同士で純粋に「愛している」とお互いに言い合える関係というのはそうそうないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

感想、おわりに

格闘家としてトップに君臨した山本KID徳郁。

メジャーリーガーのトップ選手ともいえるダルビッシュ有。

 

語彙力がないのですが、この2人が尊敬し合い、愛し合っているというのが何とも素敵だと感じました。

トップスポーツ選手同士、意気投合する部分が多くあったのでしょうね。

 

 

 

尚、山本KIDの死は私自身本当にショックでいきなりだったのでびっくりし過ぎました。

2004年の大晦日、魔裟斗とKIDの試合は、今でも記憶に残るほどアツくて面白いものでした。

 

 

この頃の躍動しているKIDを動画で見ていると、亡くなったことがまだ信じられない気持ちがあります。

命は尊いですね。