フットボールアワー後藤の昔と今の歯並び

フットボールアワー後藤の昔と今の歯並び

フットボールアワー後藤の昔と今の歯並び

イケメンお笑い売れっ子芸人、フットボールアワーの後藤輝基。

年末の今の季節、多数のテレビ番組に出ている彼の歯が気になりましたので昔と今の歯並びをまとめます。

 

2001年~2006年

まずは、第一回M-1グランプリに出場した際の後藤の歯並びがこちらです。

 

【2001年】

その1

 

はっきりと見えないのですが、漫才中も今とは違って口元の表情が乏しく感じました。

続いて2002年の第二回M-1大会と2003年の第三回M-1王者になった際の後藤が以下です。

 

【2002年】

その2

 

【2003年】

その3

 

歯並びとは関係がありませんが、漫才を見ていて、岩尾と二人演技力、表現力が一気に向上したように感じました。

2001年と比べると後藤の口元の表情も大きく異なっている印象を受けます。

 

そして続いて翌年。

 

【2004年】

その4

 

続いて2005年の後藤と確信のある画像が見つからなかったので2005年は飛ばします。

そして2006年の歯がこちらです。

 

【2006年】

その5

 

今のように差し歯ではないと思うのですが、以前と比べると綺麗な印象を受けます。

カメラや映像の画質の問題だけなのかもしれませんが、数年前とは印象が異なるので自前の歯に対し保険診療でクリーニングや前歯の手入れをしたということも考えられます。

スポンサーリンク

2008年~現在まで

そして2007年の歯の画像が見つからなかったので飛ばして、続いて2008年2月の後藤の歯並びがこのようになります。

 

【2008年2月】

差し歯

 

前歯の形が全体的に整って白く綺麗になっていることからこの頃には差し歯になっていると思われます。

2006年後半~2008年の間に差し歯にしたのではないかと推測します。

 

笑顔の印象も明るくなったように思います。

 

 

そして、現在の後藤の歯並びはこのようになっています。

 

最新

 

以前は歯茎が黒みがかったり、歯は白いものの透明感を感じないこともあったのですが、今では透き通るようなきれいな歯並びになりました。

より前歯にお金をかける余裕ができた、またはより見た目を気にするようになり、前歯全体をオールセラミックの差し歯にしたのではないかと思います。

スポンサーリンク

感想、おわりに

私が思うことですが、芸人を見ていて歯が綺麗な人の方が話がスッと入って来るように感じることも多いです。

細かいところで笑いを考え、見る人の気持ちを考えているからこそ、後藤も考えて歯を綺麗にして、その結果現在の地位へとつながっているのではないかと思うところがあります。

ルックスが良くて面白く、歯も綺麗でMCもできる後藤は今後も芸能界で生き残っていくことでしょう。

整形ではなく、加齢のしわで二重になったであろう芸能人

2018.06.23