ロンハー3時間スペシャルはやらせ臭を強く感じてしまった。

ロンハー3時間スペシャルはやらせ臭を強く感じてしまった。

ロンハー3時間スペシャルはやらせ臭を強く感じてしまった。

私はロンドンハーツというテレビ番組が好きなのであるが、先週の3時間スペシャルにはやらせ臭を強く感じてしまい、あまり面白いと感じることができなかった。

尼神インター渚がいつの間にか部屋の中

というのも、まず第一に尼神インター

最初パイをぶつけられ、その後密室に閉じ込められて巨大風船が膨らむというドッキリが仕掛けられた。

 

外に出る

 

まず渚はパイを投げつけられ、すぐさま部屋の外に出てしまう。

 

 

だが気がつくと渚は部屋の中に入っており、閉じ込められた映像に切り替わっている。

 

いつの間にか部屋の中

 

この時点でドッキリでも何でもなく、ディレクター陣が中に入ってください、と指示をしたのであろうことがうかがえる。

パイをぶつけられた時点で、ドッキリであることは正直わかるとは思うのだが、この映像を見ていて何だか気持ちが冷めてしまった。

スポンサーリンク

絶対に隠し撮りされていると気づいているであろう渡辺直美

そして続いて気になったのは渡辺直美である。

 

渡辺直美がプロデュースする洋服ブランドの展示会が行われたのだが、そのときの楽屋を隠し撮り。

豪華なケータリング、食事を用意して、渡辺直美の食生活を覗き見するというドッキリである。

 

まず楽屋が不自然このうえない。

 

怪しい窓

 

気づいている

 

透明な窓?マジックミラー?かは定かではないのだが、このようないかにも怪しい楽屋内の仕掛けに、何度もドッキリを仕掛けられている芸人の渡辺直美は疑問を持たずにはいられないのではないだろうか。

もちろん芸人魂で、わかっていてもスルーを決め込んでいることも考えられる。

 

マネージャーやディレクターらから説明がなかったとしたらおそらく後者だろう。

 

こっちみんな

 

そしてジャンポケ太田の嫁が差し入れを持ってきたわけだが、わざわざ奥の椅子に座り、カメラの方向を見ながら二人での会話、食事を楽しんでいる。

太田の嫁はいかにもカメラ移りを意識しているような話し方にも見える。

他にも直美は基本カメラがある方向を向いては食事をしたり会話をしていることから、カメラがあることに気づいていることだろう。

 

内部も雑

 

裏側の撮影側も非常に雑な作りであり、カメラマンの動きから相当物音も立っているだろうことも推測できる。

 

さらには直美の食べる量もすさまじい。

 

食べ過ぎ

 

これに至ってはもちろん食事が好きなのだろうとも思うが、それにしても食べ過ぎである。

ドッキリとわかってわざと大げさにこれほどの量を食べたのであろうと思われる。(と信じたい)

 

そして最後のネタばらし後の反応もどうも私には嘘くさく感じてしまった。

 

ネタばらし
スポンサーリンク

感想、おわりに

以上のことから、今回のロンハー3時間スペシャル、ドッキリスター大賞はどうもうさんくさく、全体的にやらせのように感じてしまった。

「振り返ればトミがいる」「千鳥ノブ大汚し連続ドッキリ」は非常に面白かったのだが、前半のやらせ臭さによりいつもより感情の移入ができなかった。

 

今までのロンハーのようなシュールで性格の悪いようなドッキリから、大衆にウケるような「うわっ!ダマされた大賞」のようなドッキリが増えたのではないかと感じる。

 

時代やコンプライアンスの流れによって方針が変わっているのかもしれないが、ロンハーはロンハーの激しくいやらしい道を突き進んでいってほしい。

女性芸人にさわやかなドッキリを仕掛けるよりも、ヨゴレな男性芸人たちにエグめのドッキリを仕掛けてほしいと感じた今回の3時間スペシャルであった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)