ウーマンラッシュアワー村本が干されるまでの問題発言3選

ウーマンラッシュアワー村本が干されるまでの問題発言3選

ウーマンラッシュアワー村本が干されるまでの問題発言3選

ここ最近常に世間を賑わすウーマンラッシュアワーの村本大輔。

ゲスキャラとして一時はテレビに引っ張りだこだった村本ですが、最近は炎上だらけでテレビに出ることも少なくなっています。

 

先日は、「もう日本のテレビに興味はない」と発言をし、2年後には中川パラダイスとのコンビを解散してアメリカへ進出することを宣言。

私にはこの発言は、芸能界で需要がなくなり干されていることからの逃げにしか思えないので、村本が干されるに至るまでの問題発言をまとめて考察してみました。

 

これで干された?ウーマン村本の問題発言3選

村本が起こした炎上、問題発言は数多くあります。

小さなものから大きなものまで様々ありますが、芸能生活に影響があったであろう大きな問題発言は下記の3つだと思います。

 

  1. 最近のお笑いを批判した茂木氏を擁護し、松本人志を批判。
  2. M-1グランプリの審査員たちを批判。
  3. 朝生で「沖縄は元々は中国のもの」「尖閣諸島を取られてもいい」などと発言し炎上。

 

 

最近のお笑いを批判した茂木氏を擁護し、松本人志を批判。

まず1つめは、脳科学者の茂木健一郎が、

「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」

と自身のツイッターで日本のお笑い業界を批判。

 

茂木の発言対象であろうダウンタウンの松本は、

「茂木さんが全然面白くないから。笑いのセンスが全くないからこの人に言われても『刺さらねぇぜー』って感じ。ムカっともこない」

「キリンのTシャツがダサい」

と受け流すように反論。

 

茂木は後日松本の反論にショックを受けたようで、ワイドナショーで謝罪。

ここで村本が、

「大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。茂木さんの指摘、当たってたのに。なんで「ほら、これですよ」と言えなかったのだろう。まあ、あの場では言えないか。怖いですもんね」

と自身のブログで茂木を擁護し松本を批判するコメントを出します。

 

このコメントに吉本から松本への謝罪を促される村本ですが、村本は松本への謝罪を拒否。

上下関係に厳しい芸能界で、自らの事務所の大先輩を批判しては仕事も減っていくのは必然です。

番組スタッフ、吉本社員らがダウンタウンと村本が一緒の仕事をすることのないよう目を光らせていくことになるでしょう。

結果、村本よりもはるかに需要のあるダウンタウンのテレビ番組に村本が呼ばれることがなくなっていきます。

【引用】「松本人志批判」炎上はどう影響?2018年大予測、炎上芸人の「再起の芽」

スポンサーリンク

 

 

M-1グランプリの審査員たちを批判。

続いて去年2017年、村本はM-1グランプリの審査員たちを否定する発言をしました。

AbemaTVのバラエティ番組「ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT」で、MCの村本が、漫才コンテスト「M-1グランプリ」に出場しない理由を激辛トーンで明かしたのは12月9日の放送回。

(略)

「村本はM-1について『審査員が全員出てくれるんだったら出る』と発言。その理由として『エラそうに審査とかするなら出たらええやん。ネタ作ったらええやん!なんで漫才作らへんの?疑問やわ?』と審査をするだけで漫才をしない側に苦言を呈しました。また審査員とは別に、舞台に立たず、テレビだけで活躍する先輩芸人たちに対しても『過去にロクなネタやってないくせにさ、すごいネタやってきたみたいな顔でテレビ出るのやめてほしいよな。キャラクターで売れて今のテレビの瞬発力の中で生きてきただけ』『何を“ネタで一時代、築いた”みたいな顔でテレビ出てんの?(舞台に出ている)オレと会った時にもう少し恐縮しろ!』と、名前こそ出しませんでしたが、怒りを爆発させていました」(前出・テレビ誌記者)

【引用】松本人志に宣戦布告か!?ウーマン村本がM-1審査員に「大苦言」の波紋

 

M-1グランプリは12/3。この発言は12/9。

「ネタで一時代築いたみたいな顔でテレビを出ている」というのは松本人志のことを言っているのですかね。

M-1の審査員を批判するということはダウンタウン松本の他にも、

 

  • オール巨人
  • 渡辺正行
  • 中川家・礼二
  • 春風亭小朝
  • 博多大吉
  • 上沼恵美子

 

上記そうそうたるメンバーや、歴代の審査員らをも否定することになります。

自分の言いたいことを言って人を否定しているだけでは、仕事も周りの人も離れていってしまいます。

【引用】ネット大炎上のウーマン・村本大輔が各局ブラックリスト入り! コンビ解散も!?

スポンサーリンク

 

 

朝生で「沖縄は元々は中国のもの」「尖閣諸島を取られてもいい」などと発言し炎上。

最後3つめの問題発言は、「沖縄は元々は中国のもの」「尖閣諸島を取られてもいい」などという、去年の大晦日から今年元旦にかけての「朝まで生テレビ!」での発言です。

 

以前は政治をわかっている風な発言や、政治風刺ネタの漫才が多かった村本ですが、ここで政治に関する無知が露呈しました。

テレビというメディアでタレントが発言する内容ではありません。

この一件で村本のツイッターが炎上するだけではなく、テレビにも抗議や苦情が殺到。

テレビ各局はキャスティングの際、村本を要注意人物としてブラックリストに追加したとのことです。

スポンサーリンク

 

 

ウーマン村本が干されるまでのまとめ

松本人志らを批判し、共演NGに近い状況。

さらには政治番組でタレントが言ってはいけないような発言。

これらの問題発言により、今後村本が日本のテレビで活躍することはほぼ考えられません。

 

村本自身もそのことをわかっているのでアメリカへ拠点を移そうとしているのでしょう。

日本では需要がないから、村本はアメリカに行って自由なことを言いたいという考えなのでしょうが、人気のある人を否定する発言やタレントによる無知な発言というのはどこの国でも反感を買うものではないでしょうか。

言いたいことを言うだけなら国は関係ないような気がします。

なので私の目には今回のアメリカ進出というのは逃げに見えます。

 

自分が面白くないからと開き直り、人の悪いところを見つけて否定するオリラジの中田とも少し被りますね。

オリラジの中田はお笑い芸人として生きることをあきらめている。松本、ピコ太郎批判で干される

2018.01.28

 

ただ村本は炎上以外にもはや道がないので、新天地を探しにアメリカへ行くということなのでしょう。

もしかしたらアメリカで大きなパトロンが見つかり、大物になって日本に帰ってくる可能性も無きにしも非ずです。



1 個のコメント

  • お笑い芸人は行き詰まりと必ずアメリカ行くけど成功したお笑い芸人は1人もいないんだよね
    頭悪くて英語が下手な村本が成功する可能性はない