オーベルジーヌの小太りディレクター和田英智がすごすぎる!

オーベルジーヌの小太りディレクター和田英智がすごすぎる!

オーベルジーヌの小太りディレクター和田英智がすごすぎる!

先日放送された、すべらない話の小籔千豊のお話「オーベルジーヌ」。

 

楽屋の弁当で小籔はオーベルジーヌ(有名なカレーの弁当)を食べたいと言い、

「わかりました。私が注文するだけなので」

とAPの子が承諾するも、オーベルジーヌが中々弁当で出ない。

何度も同じやり取りを繰り返すがオーベルジーヌが全く出ないので、小籔と小太りディレクターがAPに怒り呆れるというこのお話。

 

MVSよりこの話が面白かったというコメントもtwitterやネット上で多数見られました。

その後小籔のtwitterを見ていて、このお話に出てくる「小太りディレクター」の正体が判明しました。

 

この和田英智というディレクターがオーベルジーヌのお話に出てくる小太りディレクターのようです。

 

この和田氏がtwitterに掲載しているサイトURLを覗いたら、この小太りディレクターは番組制作会社「株式会社LARGEST ARMY」代表取締役で、数々の人気番組を担当している敏腕ディレクターであることがわかりました。

そんな小太りディレクターこと和田氏が過去製作に携わった番組、現在携わっている番組がすごすぎましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

小太りディレクターはバラエティ番組の重鎮である

皆さんは、「学校へ行こう」を知っているでしょうか?

大体の大人の方は知っているかと思いますが、10年以上前「学校へ行こう」はTBSの大人気バラエティ番組でした。

和田氏はこの「学校へ行こう」のディレクターだったようです。

 

さらに、軟式グローブのアホだなや、ジョンレノソらが登場した番組内の企画であるB-RAP HIGH SCHOOL。

この大人気コーナーの生みの親がなんと小太りディレクターの和田氏というから驚きです。

 

その後「学校へ行こう」以外にも日テレの人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」も担当。

 

今でも、

  • 徳井義実のチャックおろさせて~や
  • BAZOOKA!!!
  • ドキュメンタル

などなど、数々の面白いバラエティ番組を担当しています。

 

何よりも、当時衝撃的な面白さだったB-RAPハイスクール。

和田氏はその生みの親であることから、この和田氏がいなかったら今のバラエティ番組は今とは違う形態になっていたことも考えられます。

 

昔も今も担当している番組は人気番組であることから、小太りディレクターこと和田氏は、バラエティ番組の重鎮であり相当偉いディレクターであることは間違いないでしょう。

【詳細リンク】和田英智のWikipedia

クロちゃんの口は臭い?ドキュメンタルで宮迫に指摘される。

2018.01.21
スポンサーリンク

野性爆弾のザ・ワールド チャネリングも和田ディレクターが担当!

さらには今、Amazonプライムにて大人気の「野性爆弾のザ・ワールド チャネリング」

この番組も小太りディレクターの和田氏が演出を担当しているというから驚きです。

【外部リンク】野性爆弾の冠番組は「めちゃくちゃプレッシャー」- 演出・和田英智氏が語る”ヒリヒリ”から得られる喜び

初めての野性爆弾の冠番組の制作に至り、苦悩と喜びが上記の記事に書かれています。

 

ちなみにシーズン1 1/2では最後に出演もしています。

焼き肉を食べる

お笑い芸人やタレントだけではなく、演出家、ディレクターなど数々の研ぎ澄まされた知恵が集結して番組というのは作られているのですね。

野性爆弾くっきーの口臭は自分でわかるほどの臭さ?

2018.01.20
スポンサーリンク

小太りディレクター和田英智まとめ

このあたりでまとめます。

 

オーベルジーヌで気になった小太りディレクター。
その正体は和田英智というディレクターで、番組制作会社の社長でした。

過去には学校へ行こうのB-RAPハイスクールを生み、イッテQなどの大人気番組も担当。

今もドキュメンタルやBAZOOKA!!!、さらにはAmazonプライムのドキュメンタルや野性爆弾のザ・ワールドチャネリングまでも担当しているバラエティ番組の重鎮です。

 

どちらかというシュール系のバラエティが得意なのかもしれません。

 

番組というのは面白い芸人たちだけではなく、ディレクターやプロデューサー、さらにはカメラマンやAPなど、数々の知恵と労力があることで成り立っていることを改めて知るきっかけになった今回のオーベルジーヌ。

そりゃあバラエティ番組というのは面白いわけです。

 

 

P.S.ちなみにオーベルジーヌの話はBAZOOKA!!!収録現場での出来事でしょう。

小籔が話している通り、東陽町にスカパー東京メディアセンターがあり、和田さんが担当していることを考えると東陽町で間違いないでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)