後藤真希の歯並び検証。インプラントとセラミック治療により歯茎の幅を狭めた。

後藤真希の歯並び検証。インプラントとセラミック治療により歯茎の幅を狭めた。

後藤真希の歯並び検証。インプラントとセラミック治療により歯茎の幅を狭めた。

後藤真希、通称ゴマキ。

今回は、一世を風靡したアイドルグループ、モーニング娘。の中心的メンバーであった後藤真希の歯並びを検証したいと思います。

ダウンタウン浜田雅功の歯並び。昔はガタガタだった。コントでの事故で差し歯に!

2018.05.08

昔の歯並びと現在の歯並びを比較!

早速画像を基に検証、評論をしていきたいと思います。

 

まず、後藤真希13歳の頃、昔の歯並びがこちらです。

 

13歳

 

そして続いて、最近の歯並びがこちらです。

 

現在

 

昔はけっこうガタついていた歯が、今では全て綺麗になっていますよね。

 

そして私が一番気になった部分は歯茎です。

以前は歯茎の露出面が広く、笑うとガミースマイル気味であったゴマキ。

そんな歯茎部分が明らかに狭くなりました。

 

下記は最近の、思い切り笑ってるであろうときの後藤真希の歯並びです。

 

歯茎きれい

 

以前は少し笑ったら歯茎が大きく見えたものが、今ではこんなに思いきり笑っても歯茎がほとんど見えなくなり、歯茎に意識がいく人は少なくなったことでしょう。

スポンサーリンク

インプラント治療、セラミック治療による差し歯説が濃厚!

以上の画像検証から、きれいになった前歯が自前の歯であることはあり得ません。

審美歯科で歯の治療を行ったことは確実でしょう。

 

ちなみにゴマキ自身も歯が欠けて仮歯中、差し歯を治したいなどと以前ブログにアップをしていて、歯に関してはオープンな様子もあります。

MAKI GOTO OFFICIAL BLOG:凄かったね

 

そして気になる治療方法ですが、まずインプラント治療で歯列を引き上げることで歯茎の幅を狭めたということが予想されます。

それにより歯茎の露出部分が減り、またすべての歯がきれいになっていることから、インプラントによる治療を行い、前歯のほとんどはセラミックを被せた差し歯になっていることが考えられます。

歯肉整形という手術を行い、歯茎幅を狭め、セラミックによる差し歯、ということも考えられますが、見た目を意識すると前者に分があるため、インプラント&セラミックによる歯の治療を行ったことでまず間違いないでしょう。

 

いかにもセラミックというような透明感のある歯をしていますしね。

スポンサーリンク

仮歯のときがあるらしいが・・。

ちなみに、ゴマキはブログでも歯について仮歯と言及していることがありましたが、他にも仮歯?と思うようなシーンがありましたので紹介します。

 

 

2018年3月20日、PS4のモンスターハンターワールドのイベントに出演した後藤真希ですが、どうもいつもの話し方と違い歯を隠すようなしゃべり方に見えます。

そして笑った時、いつもの歯並びと違うように見えるうえ、前歯の歯茎が黒く見えます。

 

黒い

 

照明の関係もあるのかもしれませんが、どうも以前の透き通った歯とは別で、前歯が出ていて歯茎も完全に黒いです。

定かではなく勘繰り過ぎなのかもしれませんが、このときも仮歯だった可能性がありますね。

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

ということで最近仮歯?と思うこともありましたがまとめると・・、

後藤真希は「芸能人は歯が命」と公言していることもあり、歯に関してオープンにしながらも綺麗にしています。

インプラントにより歯茎幅を狭くして、セラミックで透明感のある綺麗な歯にしたことはほぼ確実でしょう。