NGT48山口真帆暴行事件の一連の事実関係、簡単なまとめ

NGT48山口真帆暴行事件の一連の事実関係、簡単なまとめ

NGT48山口真帆暴行事件の一連の事実関係、簡単なまとめ

今ニュースで多く取り上げられている、NGT48山口真帆暴行事件。

様々な憶測も重なってわからないことも多いので、事実関係を簡単にまとめたいと思います。

 

というわけで時系列で整理したのが↓こちらです。

 

  1. 2018年12月8日、山口の自宅玄関前に男2人が押しかけ山口に暴行を加えて逮捕。
  2. 2019年1月8日~9日、山口はSHOWROOMやTwitterで襲われたことを報告。この際犯人に家を教えてけしかけた人がメンバーにいると告白。
  3. 10日、運営会社AKSは再発防止のためにメンバー全員に防犯ベルを配ったことを公表する。
  4. 同じく10日の公演で、世間を騒がせたとして山口自身が謝罪をする。
  5. 14日、運営会社AKSが謝罪会見を行い、「メンバーの中に違法な行為をした者はいない、と考えています」と公表し、一連の騒動を謝罪する。

 

今現在これが事実です。

 

山口真帆の動画、Twitter画像

そして、今回の事件の基となる8日~9日に投稿された山口真帆の告発動画とTwitterの投稿がネットに出回っており、今でも大きな波紋を呼んでいます。

 

 

メンバーに個人情報をバラした人がいて、実家や電話番号もバラされるといったツイートまであります。

スポンサーリンク

隠ぺい?誰が主犯?嘘つき?

これら山口の訴えが事務所の公表している内容と異なり、事務所側が事実を隠そうとしているように見えるからこそ、大きな注目を集めているように思われます。

 

事務所は「メンバーの中に違法な行為をした者はいない、と考えています」といったことを公表していますが・・・。

世間は事務所に対し「実際に同僚メンバーが山口の家を教えて犯人を煽ったのか?」ということに対するハッキリとした事実が聞きたいわけですからね。

 

さらに、

  • メンバーの一人が「公表されていること以外の事実はない」「メンバー全員を信じている」という被害メンバーに配慮のない声をあげる。
  • ネットでは関与メンバーについての様々な憶測。
  • 嘘をついているのは誰なのかという様々な憶測。
  • ↑公表されない分ネット民が情報を必死に漁り、結果関係ない企業にも風評被害が及ぶ事態にまで発展。

 

これらによりカオスな事件となっています。

スポンサーリンク

おわりに

以上このような事態です。

また進展がありましたら追記していきたいと思います。