avicii(アヴィーチー)の死因は自殺!死因を考察する。

avicii(アヴィーチー)の死因は自殺!死因を考察する。

avicii(アヴィーチー)の死因は自殺!死因を考察する。

aviciiが亡くなったニュースはここ数年で一番ショックな出来事だった。

マイケルジャクソンやジミヘン、日本では尾崎豊やhideなど、天才ミュージシャンが避けられない奇怪な死。

aviciiの亡くなった理由、死因を考察する。

hideは自殺である。自殺未遂がある私(hideオタク)が考えるhideの死の真相

2018.03.02

aviciiとは?本名はティム・バーグリング

まずaviciiとは、avicii(アヴィーチー)というアーティスト名で知られるスウェーデン出身のDJ&音楽プロデューサーである。

本名はTim Bergling(ティム・バークリング)。

 

 

人気度、知名度共に世界トップのDJで、おそらく多くの人が一度は耳にしたことがあるような、心地良いEDMサウンドが特徴。

2016年にDJ活動(ライブ、ツアーなど)から引退。

 

そして2018年4月20日、滞在先のオマーンにおいて、28歳で死去。

尚、死因は公表されていない。

スポンサーリンク

事実 中東オマーンの首都マスカットで遺体が発見され、犯罪性はないということだけ

aviciiの死に関してわかっていることは、遺体が中東オマーンの首都マスカットで発見されたということ。

死に関して犯罪性は一切ないということ。

そして今後死因が公表されることはないということだけである。

 

【2018/4/27 追記】家族からaviciiの死因が自殺と思われる声明が発表されました。

【外部リンク】Avicii の家族が、Avicii の死は自殺であること示唆する声明を発表

スポンサーリンク

病気説 aviciiは膵炎を患っていた。

そんなaviciiだが、膵炎を患っていたという話は有名である。

 

多忙から2013年にアルコール依存症になり、急性膵炎も発症。

胆嚢を切り取る手術も行ったとのことである。

 

以上から、病気が死の原因では?という病気説がある。

スポンサーリンク

自殺説「もう幸せを感じられなくなっていたのさ」

そしてもう1つ、自殺説がある。

 

昨年のローリングストーン誌のインタビューでは、

「もう幸せを感じられなくなっていたのさ」

と語っていたことがある。

 

「どう生きるかを考える必要にかられた。成功するために成功を求めているって感じだったから、もう幸せを感じられなくなっていたのさ」と、2017年9月にバーグリングはローリングストーン誌に語っていた。これは彼のレコーディング・アーティストとして最後の作品であるEP『Avīci (01)』のリリース後に行われた取材だった。彼は続けた。「4、5、6年前からEDMは過飽和状態になってきた。あの頃から金が全てになったんだ。その頃から俺はEDMとの関わりを持ちたくないと思うようになった」と。

【外部リンク】

 

2016年にDJ活動を引退したのは、金のために活動をしているように感じ、幸せを感じることができなくなったためと語っている。

この発言からは、お金よりも自分がやりたいことを伸び伸びとやりたいと思うaviciiの心理が表れている。

 

ただ、去年のこの発言を掘り起こし、幸せを感じることができないくらい精神が病んでいた時期があったから自殺だと考える人も多いことだろう。

スポンサーリンク

自殺説が濃厚

結論を言うと、私も自殺説が濃厚と考える。

 

まず死の原因が病気ならば、死因は家族により公表されると思われるからだ。

プライバシーを配慮して今後も死因を公表することはない、ということは世間的に良くない亡くなり方をしたということになる。

 

なぜオマーンにいたかはわからないが、犯罪性はないことから違法薬物による死でもない。

事故だった場合は既に何かしらのリークがあるはずである。

 

そして上記の「幸せを感じられなくなっていた」という発言からは、aviciiがそれほど思い悩む性格であることがわかる。

となると、自殺の可能性がどうしても高いと判断してしまう。

スポンサーリンク

アルコール依存症が一番まずい

そして今回、一番まずいと思われるところはaviciiはアルコール依存症だったということである。

私も以前アルコール依存症だったのでよくわかるのだが、良い時は良いが基本的に非常に精神を病みやすい。

 

aviciiはオーストラリアのライブ中にアルコール中毒で倒れるほどのアル中である。

お酒、アルコールによりそのうち亡くなるのではないかと周りに心配されていたほどでもある。

 

アルコール依存症の人は、

精神を病む ⇒ 酒を飲む ⇒ アルコールが体を蝕みさらに精神を病む ⇒ 酒を飲む

という悪循環に陥る。

 

世界的なトップDJともなれば相当のストレスがあったことと思うが、それをお酒で解消していたとなると、その後の体や精神面への悪影響も計り知れない。

スポンサーリンク

死因考察のまとめ

以上のことをまとめるとaviciiは、

 

  • 精神を病みやすい性格
  • 膵炎になるほど、度を越えるほどのアルコール摂取が目立つ
  • アルコール依存症により、さらに病んでいた可能性が高い
  • 家族が死因を発表しない=死因が良くない

 

よってアルコール依存症から発展した自殺である可能性が高いと考える。

 

 

 

といっても、亡くなってしまってはどっちにしろ関係ないうえ、本当のことは本人にしかわからない、と思う私がいるのも事実である。

様々な業界から多数の哀悼の言葉が出ているが、本当に惜しくて悲しい死である。

 

冒頭にも記したが、天才ミュージシャンはどうしても奇怪な死を避けられないようだ。



3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)