hideは自殺である。自殺未遂がある私(hideオタク)が考えるhideの死の真相

hideは自殺である。自殺未遂がある私(hideオタク)が考えるhideの死の真相

hideは自殺である。自殺未遂がある私(hideオタク)が考えるhideの死の真相

XJAPANのギタリストであるhide。

1998年5月2日に命を絶ったhideだが、私は今でも毎年hideのお墓参りに行くほどのhideオタクである。

 

そして私は一度自殺未遂の経験がある。

酔っ払った勢いで首吊りで死のうと思ったが、縄が外れて地面に落下。

その結果腕を骨折し、生きようと決めた。

 

そんな自殺未遂があり、hideオタクの私がhideの自殺、死の真相を裏側から考察する。

スポンサーリンク

事故死説への考察

まずはhideの死について諸説でているが、有名な説から私の考えを述べたいと思う。

  • これからのスケジュールがぎっしりだったのに自ら命を絶つわけがない!
  • ファンを裏切るわけがない!

という人も多い。

 

じゃあなぜ亡くなった?となるが、

  • 肩こりを治すため、ドアノブでタオルを使用説
  • 死んだフリをしていたら死んだ説

といった事故死説がある。

 

 

肩こりを治すため、ドアノブでタオルを使用説

ギタリストであるhideはギターを弾くことによる肩こりがつらく、顎にタオルを掛けて引っ張ることで肩こりを和らげていた。
その術を行っていたところ、泥酔していたせいで自分の首にタオルがかかり、そのまま亡くなった。

そのタオルが小さかったため警察には自殺と断定されたのだが、死ぬつもりはなく肩こり解消のための事故死という説である。

この説は考えられなくはないが、信憑性にはとてつもなく欠ける。

普段は肩こりをお酒でごまかしていたようだが、死の前にhideが泥酔していたというのならば、泥酔した状態で肩の凝りが気になるというのは考え難い。

また、後に詳細を書くが、泥酔しメンバーと喧嘩をした後に肩こりが気になるというのも非常に考えにくい。

 

死んだフリをしていたら死んだ説

続いてネット上にhideの親族に聞いたという方がいた。

 

>色々と縁もあり、hideのお母さんやその親友と話す機会がありました。

>「hideちゃんね、あれは自殺ではなかったんだよ」
>hideは酒に深く酔うと、ふざけて死んだふりの様なことをする癖があったそうです。

>そしてあの日……。

>hideは酒に酔い、ドアノブにタオルを掛けて、ふざけて巻き付けていました。

>ところが……

>それが本当に取れなくなり、結果としてあのような事態を招いてしまったのです。

【外部リンク】【実話】hideの死の真相

 

 

死んだフリをしていたら酔っ払って死んだということだが、正直これは理由的には非常に苦しい。

泥酔後一人家の中でふざけてタオルを巻いて死んだフリをする必要があるのだろうか。

 

そしてhideの親族から聞いたという話も事実なのか定かではない。

もし事実だとしてもファンの人を悲しませないために親族らがそうであったと信じていることを伝えているに過ぎないと感じる。

 

 

 

よってこれらの諸説について深く考えると、hideの死が事故死というのは非常に考えにくい。

スポンサーリンク

hideの死が自殺である理由

ならばhideの死は自殺か?となるがその通り。

私はhideオタクでありながら、hideの死は自殺だと思っている。

 

なぜか?

 

まず死の直前、hideは酒の席でhide with spread beaverのメンバーと喧嘩をしている。

hideは時差ボケによる寝不足や仕事での疲れが相当たまっていたようだが、久しぶりの皆との集まりでお酒を飲み相当はじけたとのことだ。

しかし最後に、hideはYOSHIKIのおかげで売れた、ギタリストとして売れる売れないといった音楽の話でKIYOSHIと揉めたとのことである。

 

その後マネージャーである弟の松本裕士がhideを家に送った際、

「お前どう思う?」

と松本裕士に聞き、何の話かわからずに「僕わからないですよ」と答えたところ

「ヒロシ!お前もか!?」(予想:お前もYOSHIKIがいたから俺が売れたと思ってるのか!?)

と言って一方的に弟の松本裕士へ、キレた様子で吐き捨て家に入ったという。

 

普段はどんなに激しい喧嘩の後でも最後には必ず「お疲れ」「気をつけて帰れよ」と言うhideがである。

いつもは荷物があったら荷物を運びhideを部屋まで送るが、その時は珍しく荷物もなくhideを部屋まで送ることもなかった。

そして亡くなったという事態である。

 

弟の松本裕士は「あの日僕が部屋まで送っていたら・・」とも語っている。

このことから死の直前、お酒の影響と疲れ、誤解などの諸々もあるが、hide自身この出来事に相当ショックを受けたことが推測される。

スポンサーリンク

 

 

また、hideは以前死に方のマニュアル本を読んでおり「いつでも死ねると思っていたらパワーが出る」と弟の裕士氏に語っている。

さらには亡くなる1年半前には「自分が死んだら・・・」と自分の死後のことを弟にお願いもしている。

このことから、hideの頭の中はいつも「死」ということを意識していた可能性が高い。

 

そして私自身、酔っ払った勢いで知人と喧嘩をした際は、死にたくなることも多く自殺未遂までもある。

いわゆるアルコールによりバッドモードに入るというやつだ。

もちろんhideと私を比べるのは違うというのは承知の上であるが、以上のことから私はhideの死は自殺であると推測する。

スポンサーリンク

hideの死の真相まとめ

 

  • hideが死の前、泥酔をして喧嘩をしてキレていたというのであれば、その後に肩こりを治す術をするだろうか?
  • 一人家の中で死んだフリをするだろうか?

 

自殺するような人ではないということももちろん承知のうえであるが、お酒を飲むと暴れ回り人格が変わるという話も有名である。

XJAPANの解散、仕事の悩み、私などでは想像もつかないようなプレッシャーや悩みがあったのだろう。

 

もちろんhideの死を事故死だと思うのも自由であるが、現実的にはhideの死は酔っ払った勢いでの自殺である可能性が高いのだ。

YOSHIKIの昔の歯並びと今の歯並びを比較!XJAPAN

2018.01.20



3 件のコメント

  • 実際は、揉めた原因は違うようですが、おおよそ間違いないと私も思います。
    ありがとうございます。

  • 揉めた話までは私の知っている事実?に近いです。
    しかし、死んだ状態まで私の知っている状態に迫ってる文章はまだ見た事がないです。

    本当と思われる事
    ①揉め事があったという事
    ②hideさんが揉め事からはじまり、死んでしまうような事をしてしまったという事。
    ③死因は全く違うという事
    ④本人は死ぬつもりではないが他がみると自殺という形になる死に方をした事
    ⑤揉めた後を知る人物が別にいる事

    実際この事を知っている数人の関係者の内1名が事細かくその時の事を喋ったのを実際聞きました。
    嘘であれだけ細かく時系列で喋れる人はいないと思うほどリアルでした。

    その時から私はその人を人間とは思えません。

    死の真相がわからないまま私は長い時間を苦しみ、その話をしばらくして聞いた時から、わからない苦しさから知ってしまった苦しさに悩み、知らないで一生懸命hideさんの死を彼を大切に思い考えている人がたくさんまだいる事をこうやってネットで知り、少しでもその「何故?」に答えればと思い書きました。

    全てを書く事は出来ませんが、結果的にhideさんは自分が死ぬような事をしてしまったという話でした。