宇多田ヒカル2度目の離婚。離婚は癖になる。

宇多田ヒカル2度目の離婚。離婚は癖になる。

宇多田ヒカル2度目の離婚。離婚は癖になる。

現在、世界的歌手である宇多田ヒカルの離婚ニュースが話題となっています。

 

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(35)が、年下のイタリア人男性と離婚していたことが7日、分かった。所属レコード会社が「離婚は事実です。時期については把握しておりません」と明かした。2人は2014年2月に結婚を発表。男性はフランチェスコと名乗り、英ロンドンのバーテンダーだと説明していた。すでに宇多田が若手ミュージシャンと交際しているとの情報もあり、デビュー20周年の節目は公私ともに新たなスタートを切る一年となりそうだ。

(略)

8歳下とされるイタリア人男性との再婚は、宇多田が芸能活動休止中だった14年2月に電撃的に発表された。当時、男性は宇多田の公式HPで「平凡な男が、ヒカルのようなスーパースターと一緒になるということが不思議に感じられるかもしれません。私自身も初めは信じられませんでした」とコメントしていた。

“逆シンデレラストーリー”としてイタリアの地元紙でも取り上げられ、同年5月には男性の故郷にほど近いイタリア南部の海辺の街ポリニャーノ・ア・マーレの教会で挙式した。宇多田は15年7月に長男を出産。ツイッターで子育てについてつづることもあった。離婚後も宇多田は変わらず活動拠点を海外に置いているという。

2度目の離婚を決断した宇多田だが、すでに新たな恋をスタートさせていると明かす関係者もいる。懇意にしている若手ミュージシャンと交際中という。

【外部リンク】宇多田 8歳下イタリア人と離婚 既に若手ミュージシャンと交際中?

スポンサーリンク

バーテンダー(一般人)が宇多田ヒカルと生活を続けるのは至難の業

宇多田ヒカルは以前2002年9月に、映画監督である紀里谷和明氏と結婚しましたが2007年3月に離婚。

そして2014年2月に8歳年下のイタリア人男性と2度目の結婚をしますが、これまた5年も経たずに再度離婚となってしまいました。

 

最初の夫、紀里谷氏は宇多田ヒカルの14歳も年上です。

当時ニュースが流れた時は、包容力があって大人な男性でなければ宇多田は手に負えないのだろうと勝手に思っていました。

 

それが離婚し、8歳年下のイタリア人男性と2度目の結婚をするニュースが流れた時は、確実に再度離婚するだろうと感じていました。

案の定です。

 

 

世界の歌姫である宇多田ヒカルは、一般人に手に負えないであろうことは明らかです。

個性が強いからこそ世界で売れることができたわけで、宇多田ヒカルとずっと生活を共にするには寛容、寛大、そして魅力的であり続けなければいけません。

ホテルでバーテンダーとして働いていた一般の男性、大抵の男性にとっては至難の業です。

スポンサーリンク

離婚を経験するとすぐに脳裏に「離婚」の文字がよぎる。

また、宇多田ヒカルは経済的にも確実に余裕があるため、そういった面で離婚を躊躇することはないでしょう。

 

日本の場合は、離婚をしたら金銭的問題が発生し生活ができなくなって困るから離婚をしない、という主婦層が大勢います。

そういった方たちは愚痴を言う事しかできないため、旦那デスノートと言われるものが流行ります。

よの中の●●旦那ども!よく聞け!!

旦那の稼ぎで生活できてるそれは感謝してる。
だが、女の代わりに家事、子育て、学校行事、習い事すべてこなす事できるやついるか??
お金のやりくり、将来の貯蓄。女は先まで考えてんだよ!!
仕事終わって出来たご飯食べて楽でいいですね。
主婦は年中無休24時間休みなし。時給0円。
何かあれば夜中も対応。家族の為に頑張ってる。
そんな女房に感謝もできねーのか?
えらそーな態度とってる●●旦那。
この世からまじで●●●!!

【外部リンク】旦那デスノート:よの中の●●旦那ども!よく聞け!!

 

みんなこのように経済的理由があるために我慢して結婚生活を続け、鬱憤が溜まっていくようですが、経済的余裕のある宇多田ヒカルや他の芸能人、経済的に自立している女性は上記サイトに書き込んでいるような人間になることはまず考えられませんね。

 

ただしだからといって躊躇なく一度でも離婚を経験してしまうと、そういった女性は特に一人でもやっていけるという意識が強く、再度結婚生活がうまくいかなかった際には、すぐに「離婚」という文字が脳裏にチラつくようになります。

それが35歳で既に2回の離婚となると、離婚癖がついたと思われてもおかしくないでしょう。

 

 

世界の歌姫だけに離婚のイメージがついてしまうのは残念ですが、恋愛ソングを多く歌う宇多田ヒカルにとっては恋愛や結婚、離婚までも全てが仕事につながっているのかもしれませんね、