米津玄師の経歴と年齢まとめ。人気度・再生数がいまや日本一!19歳でマトリョシカを作曲!

米津玄師の経歴と年齢まとめ。人気度・再生数がいまや日本一!19歳でマトリョシカを作曲!

米津玄師の経歴と年齢まとめ。人気度・再生数がいまや日本一!19歳でマトリョシカを作曲!

最近大人気で、現在日本トップといっても過言ではないアーティスト米津玄師

彼は米津玄師として歌手デビューする前、『ハチ』という名前でボーカロイドによる楽曲を製作し、ニコニコ動画に投稿していました。

 

2010年、彼が19歳の頃に投稿した下記の音楽動画『マトリョシカ』は、現在再生回数が1000万回越えという驚異的な数字を叩き出しています。

 

19歳で↑の音楽を製作。

そして現在はLemonなど数々の楽曲を製作し、自ら歌って大ヒットという異次元的な天才ぶり。(Youtubeの再生数は2ヶ月で8000万越え)

 

正に音楽の申し子・・・!!

ということでこの米津玄師の経歴が気になったため、調べてまとめることにしました。

スポンサーリンク

プロフィール。元々は漫画家になりたかった!

まずは米津玄師のプロフィールです。(Wikipedia調べ)

 

本名:米津玄師(よねづけんし)
別名:ハチ
誕生日:1991年3月10日
年齢:27歳
出身地:徳島県
学歴:徳島県立徳島商業高等学校卒業
職業:シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファー
担当楽器:ヴォーカル、ギター

 

珍しい苗字、珍しい名前ですが米津玄師というのは本名のようです。

27歳とまだまだ若く、徳島出身。

シンガーソングライターとして作詞作曲をするだけでなく、イラストやビデオも自ら製作することができるのですね。

 

また、他にも色々と情報を漁っていたところ、元々は漫画家になりたかった、というインタビュー記事を発見。

 

米津玄師:そもそも絵を描くのは好きで、昔は本当に漫画家になりたかったんです。たぶん親の影響だと思うんですけど。でも小学校高学年から中学生にかけて音楽っていうものを強く意識するようになって、自分で音楽を作るようになってからはずっと音楽をやってきてっていう感じだったので、その時点で自分の中には表現方法が二つあったんですよね。次にニコニコ動画に出会ったんですけど、そこで上手いこと二つの表現方法を組み合わせることができた。自分の使える武器を100パーセント使える環境があったっていうことが、運のよかったと思う要因でもあります。だから音楽家だったら音楽しかやらない、イラストレーターだったらイラストしかやらない、みたいな価値観が自分の中にはまったくなかった。やりたいことがあるならやればいいじゃん。やってだめだったらだめでいいし。一回やってみろ精神というか、そういうものでずっとやってきた気がしますね。

【引用】米津玄師『BOOTLEG』インタビュー

 

  • 親の影響で絵を描くことが好き、元々は漫画家になりたかった。
  • 小学校高学年から中学生にかけて音楽にハマり、そこからずっと音楽をやってきた。
  • ニコニコ動画、ボーカロイドというものがあり、自分が使える武器を100%使える場所があったことが運が良かった。(絵と音楽)

とのことです。

 

努力してきた全てのことが時代にとてつもなくマッチした、ということなのでしょう。

スポンサーリンク

経歴と年齢のざっくりまとめ

そして彼の経歴をざっくりとまとめます。

 

まず、小学生から中学生にかけて音楽にハマる、というのは上述した通りです。

その後中学3年生の終わり頃からMTR(アナログの音楽録音機器)を使用してオリジナル曲を製作するようになります。

 

2007年、17歳(高校2~3年生)の頃に、ロックフェス「閃光ライオット」に応募するも、二次審査で落選。

同年、MTRからDTM(PCでの音楽制作)へ移行し本格的に曲作りを行います。

 

高校卒業後、美術専門学校に通いながらバンド活動を続けるも個人主義なためうまくいかず。

並行して2009年(18歳)よりボーカロイド、初音ミク、GUMIを用いてニコニコ動画にオリジナル楽曲の投稿を開始します。

そしてマトリョシカなどの再生数が100万回を越えるようなヒットソングをたくさん生み出してきました。

 

 

その後2012年(22歳)には自らの歌声でアルバムを出し、2013年(23歳)メジャーデビュー。

 

そこからは東京メトロのCMソングとなる『アイネクライネ』や、僕のヒーローアカデミアというアニメのOPに使われた『ピースサイン』などの曲を次々と世に送り込んだり。

中田ヤスタカやDAOKO、菅田将暉らとコラボしたり。

そして今年2018年にはドラマ、アンナチュラルの主題歌として『Lemon』が大ヒットしたりと大活躍を見せています。(噂の2ヶ月で再生数8000万回越えのやつです)

 

スポンサーリンク

再生数がいまや日本一!米津ハンパないって!

というわけで若くして大活躍をしており、一言で表すと化け物です。

特に19歳でマトリョシカという音楽を生み出したというのは圧巻ですね。

 

既にコラボもしていますが、若くしての天才音楽家となると中田ヤスタカを彷彿させますね。

それをも上回るスケールかもしれません・・。

 

私は音楽に関しては素人ですが、Lemonなんかも歌詞が馴染んで聴けば聴くほど良いんですよね。

そして聴きやすいです。

 

 

尚、米津玄師は、

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • BUMP OF CHICKEN
  • RADWIMPS

に影響を受けたということを公言しています。

これらを吸収しオリジナリティを追求したのが米津玄師なのでしょうか。

 

 

また、現在Youtubeの再生回数なんかを見ても、きゃりーぱみゅぱみゅやONE OK ROCKなどの人気なアーティストやバンドよりも再生数が多いです。

さらにニコニコ動画のハチ名義の音楽動画もありますから、音楽的需要、人気度は既に日本一といっても過言ではないと思われます。

 

ダンスもできますし、今後も彼がどのような名曲を私たちに届けてくれるのか、非常に楽しみです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)