YOSHIKIとTOSHIに絶縁疑惑!そりゃないでしょ。ネットの反応まとめ

YOSHIKIとTOSHIに絶縁疑惑!そりゃないでしょ。ネットの反応まとめ

YOSHIKIとTOSHIに絶縁疑惑!そりゃないでしょ。ネットの反応まとめ

最近XJAPANのリーダーであるYOSHIKIとボーカルであるTOSHIに絶縁疑惑が出ています。

新曲「Red Swan」を発表したX JAPANが“危機的状況”に陥っている。YOSHIKIがボーカルで幼なじみのToshIをグループから排除しようとしているというのだ。

(略)

周知のように2人はToshIの洗脳騒動を巡って1度決別している。2007年にX JAPANは再結成し、ToshIが洗脳から脱したと告白してからは以前の関係に戻っていた。X JAPANの歴史を描いたドキュメンタリー映画「WE ARE X」では2人が決別した時やロスで再会した時の心境を語り、和解までの経緯が描かれている。それがなぜ今、ふたたび決別に向かっているのだろうか。

「7月19日発売の女性セブンが彼らの方向性の違いを報じています。バラエティ番組に挑戦したいToshIをYOSHIKIは複雑な気持ちでいるとか。さらに契約形態にも問題があるそうです。X JAPANはメンバーがそれぞれYOSHIKIの会社と契約しているのですが、ToshIは昨年契約が切れ、そのままになっていると報じています。X JAPANとして活動する時はコンサートごとにその契約を結ぶそうです」(芸能記者)

【引用】YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機

 

 

というのも、次のXJAPANの新曲Red Swanは X JAPAN feat. HYDE とボーカルはHYDEでレコーディング風景にTOSHIの姿はなし。

 

 

洗脳は解けたものの、バラエティ番組にたくさん出演するTOSHIをYOSHIKIは良く思っておらず、ロックミュージシャンとしてのイメージ、XJAPANのイメージすら崩れてしまう。

また、ルナフェス(ルナシー主宰のフェス)でもTOSHIが法外なギャラを要求したため、YOSHIKIがノーギャラで単独で出演するということがあったそうです。

 

これらTOSHIの言動にYOSHIKIは怒り、二人は現在不仲、絶縁といった報道がされているようです。

 

ネットの反応まとめ

そしてXJAPANファンの間では、バンドの今後を心配するなどこの話題はやはり注目するものとなっています。

 

スポンサーリンク

感想、おわりに

とツイッターでも多数の意見がありましたが、いくつか面白いものが見られました。

 

 

↑このツイートが事実だった場合、またTOSHIは周りに騙されて洗脳というか利用されているのかという疑念が生まれてしまいますね。

今さらライブで法外な出演料を要求するというのも事実か定かではありませんが、そのようなことは現在のTOSHIにはちょっと考えられないため、YOSHIKIとTOSHIのスタッフの間でゴタゴタしていると考えると一番しっくり来るようにも思います。

 

といってもXJAPANファン(私)から言わせていただくと、TOSHIとYOSHIKIの不仲、絶縁報道というのは完全な飛ばし記事でしょう。

いくらバラエティに出ているTOSHIを良く思っていなかったとしても(これも事実かは不明)、TOSHIをXJAPANから排除する、というのは普通に考えてあり得ません。

 

今後についての二人の仲も問題ないとは思いますが、第三者が絡まってゴタゴタや報道が変に加熱する可能性はあるかもしれません。

トラブルが絶えないからこそ心配で見ていて面白くもあるという、さらには並外れた魅力もあって本当に不思議なバンドです。

 

YOSHIKIの昔の歯並びと今の歯並びを比較!XJAPAN

2018.01.20



2 件のコメント

  • ToshIファンの人に言いたい。世界に通用するロックバンドのボーカルとしてはToshIさんには無理な点や、それ事態、ToshIさん自身がプレッシャーに押し潰されそうなのに、期待され、要求され、って可哀想ですよ。YOSHIKIファンの人にも言いたい。いちいちYOSHIKIさんのすることに一喜一憂するなって。良いじゃないですかHYDEさんとコラボだってぜんぜんアリでしょう。才能溢れるアーティストが、その才能を融合させて、新たな化学反応のようなものが生み出されて、それが世界中に広がっていくなんて、こんなイイコトないでしょ。みんな視野が狭すぎ。ファンなんでしょ?。足を引っ張りかねないような事を言ったりやったりするのはやめて。

  • ほんとそうですね
    私も最近なんかモヤモヤしていましたが、このコメント読んですっきりしました
    ファンとして信じるべきですね。