高橋真麻の上下の歯の色の違い。昔の歯並びと今の歯並び

高橋真麻の上下の歯の色の違い。昔の歯並びと今の歯並び

高橋真麻の上下の歯の色の違い。昔の歯並びと今の歯並び

テレビを見ていて女子アナ高橋真麻の歯並びが気になりました。

下の歯がやや黄色いのですが、反対に上の歯が透き通るほど白く綺麗で違和感を覚えたからです。

 

上下の歯の色

 

審美歯科にて歯を治していることと推測し、彼女の昔の歯並びを検索した結果見つけた昔の歯並びがこちらです。

 

昔の歯並び

 

やはり芸能界で女子アナとして働く以上、歯は治療をしているようでした。

歯並び自体は昔も悪くないように見えますが、歯の色が暗いからかあまり綺麗には感じません。

 

それが現在ではこちらです。

 

今

 

形を整えて歯の色も真っ白になりました。

おそらくセラミックによる差し歯にしたことでしょう。

 

やはり歯1つで印象がガラっと変わります。

スポンサーリンク

世間の反応、おわりに

高橋真麻は上の歯は綺麗ですが、私のように下の歯の色との違いが気になる人がやはり多いようです。

 

 

 

ちなみに、昔の歯の色から見てホワイトニングではここまでの前歯の色にはならないと思うので、セラミック系の治療、というかオールセラミックによる差し歯の可能性が非常に高いです。

余計なお世話かもしれませんが、下の歯も治すことでより根強い人気が出るかもしれませんね。

 

といっても歯を削りセラミックを被せること自体は、歯の寿命を短くすることに変わりないので、そういった面を考慮して下の歯だけは治療に至っていないのかもしれません。

三四郎小宮の歯が欠けた理由。昔と現在の歯並び!

2018.03.26