Youtuberのチャンネル登録者数から月収を計算する方法

Youtuberのチャンネル登録者数から月収を計算する方法

Youtuberのチャンネル登録者数から月収を計算する方法

今やネットで大人気のYoutuberですが、そこで気になるYoutuberの給料事情。

Youtuberの給料は、再生数や単価、視聴時間、広告のつけ方、企業との案件により左右されるので一概には言えません。

 

ですが最近報酬を公表しているYoutuberも多くいて、チャンネル登録者数から大体の月収計算の目安がついたので、暴露しているYoutuberの給料事情を紹介しつつまとめたいと思います。

 

登録者数9万で月収28万円の中学生

まずは、いじめにより一時期炎上した「ゆうじ」という中学生Youtuber。

半年ほど前の話にはなりますが、彼は中学生でありながらUUUMに所属するYoutuberであり、当時のチャンネル登録者数は約7万人。

 

そして、2018年1月当時の月収が28万円であるということをコレコレチャンネルにて暴露されていました。

 

【8分00秒~】

 

 

中学生で月に30万円近く稼いでいるという事実には驚かされますね。

動画内、そして今ではチャンネル登録者数と共に月の視聴数も増えているので30万円を超えていると思われます。

 

チャンネル登録者数7万人 = 月の報酬28万円

 

当時彼に企業案件はなしで、純粋に動画再生の収入のみです。

よって普通に広告をつけるだけでも、Youtuberは大体チャンネル登録者数×4倍の収入があるのではないかと推測できます。

スポンサーリンク

登録者数45万人で月収400万円超えのシバター

そして続いて、物申す系Youtuberとして活躍するシバターは、2017年1月の月収がなんと400万円超えということを動画で暴露しています。

 

 

2017年1月の月収が400万円超えとのことなので、おそらく2016年12月分の報酬と思われます。

尚、2016年12月当時、シバターのチャンネル登録者数は約45万人。

 

そして12月にシバターが携わった企業案件は2件。(出会い系、マッチングアプリ)

また、シバターはこの1,2年前に企業案件などでのYoutuberのギャラ相場は、チャンネル登録者数×1.5であると以前発言しています。

 

 

以上からシバターの純粋な動画再生での報酬は、

月収400万 - チャンネル登録者数45万 × 1.5 × 企業案件数2 = 265万円

 

ただ、携わった企業案件はグレーな分野のため、普通の相場よりも報酬が高そうです。

1.5倍という相場も月日が経ち、さらに上がっていることも考えられます。

 

また、他メディア出演やプロレスなどの別収入が月収に含まれていることも考慮し、純粋な動画での収入は200万円位という可能性も入れておきます。

 

チャンネル登録者数45万人 = 月の報酬200~265万円

 

企業案件を除いても大体、 チャンネル登録者数×4~6倍 となります。

スポンサーリンク

チャンネル登録者数×4倍~が純粋な動画再生の報酬の目安か?

よってこれらから企業案件を除いても、

チャンネル登録者数×4倍以上

の報酬は確実にYoutuberの懐に入るのではないかと推測します。

 

もちろん広告のつけ方や再生時間などによっても左右されるので一概には言えませんが、チャンネル登録者数からおよその報酬を出すという無理矢理な理論です。

+企業案件があるので倍以上も考えられます。

 

 

 

尚この理論で、日本ナンバー1YoutuberであるHikakinで計算してみると、現在HikakinはHikakinGamesと合わせてチャンネル登録者数が大体1000万人。

純粋な動画の収入だけで最低でも4000万円~。(もっと多そうです)

 

さらに企業案件も多数あり、ギャラ相場も確実に高いことから、月収が1億円以上いっている可能性も普通にあるように思います。

というわけで皆Youtuberになるべきです。(甘い)

 

JOYが消えた理由・原因。いつの間にかYoutuberになっていた!水曜日のダウンタウンの裏側も

2018.05.19



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)